内部にもこだわりを|BETONESのはき心地

男の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

ワンランク上のスーツ

正装

人によっては、スーツに袖を通すのが嫌な人が多いです。その理由はスーツが重く感じるからというものです。これは心理的な面も働きますが、実際にスーツと従来の服とでは体に掛かる負担は大きく違います。具体的に説明しますと、スーツは体の動きを制限していることが多いのです。人体というのは左右対称ではありません。目尻も左右で違いますし腕の長さも左右で違います。よって、身長体重体格が同じでも、全体的に何処か様々な違いが生じています。そのため、既成のスーツではその僅かな体格も違いで圧迫されたり、スーツが体の動きを邪魔することが多いので疲れやすくなり、重く感じてしまうのです。
そんな状況を改善できるのがオーダースーツです。オーダースーツはその人の体格に真にあったものを提供します。腕の長さや首、胴回りの太さなどをきっちりと測り、それに合わせてスーツを作っていきます。そうして完成したオーダースーツは、体の動きを一切邪魔すること無く動かせるので、既製服に比べて重さを感じにくくなります。そのため、疲れにくくなります。
こういったオーダースーツは、高価であるという誤解を受けますが、実際は既製服と対して変わらない値段で作ることが出来る方法があります。それが、パターンオーダーです。パターンオーダーとは既製服をその人にあったサイズに変更して作るオーダースーツなので、そこまで費用がかからないのが特徴です。また、完全に最初から作るフルオーダーのオーダースーツは若干高くなりますが着心地は段違いです。